学習塾を選ぶ~塾の種類やタイプを知ろう~

塾のスタイル

補習塾よりも、さらに丁寧にケアを行う塾が救済塾と呼ばれるタイプのものです。学校の授業についていけない人を対象としており、学校で教える内容をしっかりと理解できるために通わせるということが多いです。救済塾は、それぞれの理解度に合わせていくので、学校の授業よりも丁寧に教えていきます。細かく内容を教えていくので、非常に分かりやすい授業展開が行われます。また、スピードも無理することなく教えていくので、きちんと理解をしてから学校の授業に取り組むことが出来ます。また、総合塾は、補習塾と進学塾の両方の要素を兼ね備えた塾で、現在東京や大阪等の都市部を中心に増えているタイプの塾です。東京や大阪の有名校受験に焦点を絞ったクラスと、日々の授業の理解度を深めるために授業を行う補習塾の機能を持ったクラスとに分けられます。

現在総合塾は、進学塾と補習塾の機能を持ったものが多いですが、大きな総合塾となると救済塾の働きを持ったクラスが併設されていることもあります。これらは大きな総合塾だからこそできるもので、東京や大阪等の都市部にあることが多いです。通常塾ではある程度目的を持って授業が行われることが多いです。なかなか全ての機能を持った塾というものはありません。東京や大阪等の中でも都市部を中心に展開を行っている所や、全国展開を行っている学習塾等で全ての機能を持ち合わせた塾が多いです。通う目的や、実力に合わせてどんどんクラスを変更していくこともできます。