学習塾を選ぶ~塾の種類やタイプを知ろう~

個別での指導

塾の中には、個別指導や個人指導と呼ばれるものがあります。これらはクラス分けは行われず、一人の生徒に対して一人の講師がついて、マンツーマンで授業を行うということが多いです。料金が他の学習塾と比較すると割高になる傾向がありますが、家庭教師よりは安く値段が済むということで近年人気が出てきています。東京や大阪のような都市よりも地方にある塾で発達してきた傾向があります。しかし、近年東京や大阪のような都市でも多く取り入れられています。しっかりと生徒の理解度に合わせて指導が行われるため、苦手なジャンルをつぶすことや、授業の総合的な理解度を深めるために利用することができます。補習塾や救済塾に多いスタイルで、しっかりと授業が行われます。

家庭教師と個別指導塾、どちらも個別に勉強を行うものです。どちらを利用するのかはその人が一人でもある程度勉強できるかどうかで判断を行うことができます。個別指導塾は一対一ですが基本的に他の生徒も一緒に持っています。実際に指導を受けられる時間が制限されていることもあるので、講師がいなくてもある程度一人で勉強できる習慣がある方が、伸びていくことができます。また、家庭教師は決められている講師の時間いっぱいを使うことができます。講師がいないという時間がないので、一人で勉強する習慣がない場合でも集中力を切らさずに勉強を行うことができます。もし、講師がいない時間帯に集中力が切れるという場合は家庭教師のほうが向いているということもあります。なお、塾によっては講師が直接指導を行えなくても目の届く管理下に置かれていることも多く、集中力を切らさないような仕組みを作っている所もあります。事前にどのような工夫がされているのか知ることで、教室を選ぶことができます。