学習塾のタイプ

東京や大阪等の都市部には、様々なタイプの塾があります。塾に通う目的は、人それぞれです。一流大学や高校に進学を考えている場合に利用するタイプのものや、普段の授業の理解度を深めるために利用するもの等様々なタイプの塾があります。進学塾とよばれるものは、主に受験対策を行うためのものです。通常の授業よりも進んだ内容を教えることが多く、授業の進捗よりも受験に焦点を合わせて授業が行われます。また、補習塾とよばれるものは、主に授業の理解度を深めるために利用していきます。地方から東京や大阪等の都市に引っ越した場合に、進捗が違ってついていけないという場合にも利用することができます。また、授業についていけないという人に焦点を当てたものに、救済塾とよばれるものがあります。救済塾は、通常の学校の授業よりも細かく指導が行われます。丁寧に指導を行い、学校の授業についていけるようにしていきます。

塾には大人数一斉指導のものと少人数一斉指導、個別指導と呼ばれるものがあります。大人数一斉指導は、たくさんの人を一気に指導していくという方法で、進学塾で主に利用されているものです。やる気のある生徒に非常に効果的なタイプで、東京や大阪等の進学塾で取り入れられていることが多いです。また、少人数一斉指導は10人前後の人数で授業が行われるものです。また、個別指導は生徒と先生が一対一で授業を行っていくというものです。ある程度生徒の理解度に合わせて授業を行うことができます。東京や大阪という都市よりも地方で人気が出たスタイルで、現在は東京や大阪等の都市でも取り入れられています。